米国金利上昇 新興国資金集結の懸念

(2018.5.11)

⇒ 米国、6月にも今年2回目の利上げ

⇒ 新興国資金が米ドルに流れ、特にアルゼンチンに8回目のデフォルト懸念

 

米国は2015年12月に政策金利を引き上げて以来、今年3月まで計6回、各0.25%づつ引き上げてきた。

現在の利率は1.5~1.75%。その引き上げの根拠の基礎が雇用統計と失業率だ。

米国の失業率は1980年以降、1982年の9.71, 2010年の9.61を高位とし、この38年間で4%を切ったのは

2000年の3.97%のみ。その米国で4月失業率が3.9%と4%を切った

ADP雇用統計でも、4月は20.4万人と目安とされる20万人を維持している。

こうなると、次回6月のFRB政策決定会合で、7回目の金利引き上げが予想される。

そこで問題になるのが、米国の金利が上昇すれば、世界の資金、特に新興国の資金が米国に集結の恐れが

ある。デフォルトの危機があるのか。

——————————————————————————-

1. 3月利上げとドル安円高

金利が上がれば為替が強くなるのが一般論だが、米国で今年3月21日6回目の金利引き上がをした後、ドル円

為替は23日104.74円と年初来最高値を記録した。セオリーと反対の動きをした。

その当時、韓国では平昌オリンピックも南北合同チーム結成という雪解けムードもわずかにはあったが、

依然軍事衝突という危険性も強くあった。この理屈に合わない現象に専門家も説明に窮していたほど。

更に米国国債利回りも2年の短期物が、30年の長期物との利幅を狭めている。つまり長期物は利上げカーブは

緩やかなのに対し、2年物はじりじりとその差を縮めている。

(当ジャーナル 18.3.8 『国債利回り、為替の動向』参照)

2. 世界の国債利回り

本日現在の国別10年国債利回りをグラフで見てみると、米国の2.95%を基軸として、左が新興国、右がアジア・

欧州となる。G7の中で米国が最も高い。(表中日本は0.03%、スイスは0.00%)

米国の利上げ観測の中で米国金利は急激に上昇し、4月25日には3.01%と14年1月以来となる高位を記録した。

そこで気を気になるのが、新興国。ブラジル、メキシコ、ギリシャ、そして表にはないアルゼンチン、トルコなど。

国別10年国債利回り(180511)

3. アルゼンチンの政策金利40%

5月4日、アルゼンチンの中央銀行は、政策金利を6.75%引き上げ年40%にすると発表した。この8日間で

3度目、引き上げ幅は12.75%となった。

その理由は通貨ペソが米ドルに対する下落に歯止めが掛らず、通貨防衛の為緊急利上げをしたもの。米10年債が

3%台に上昇したことから、財政基盤がぜい弱なアルゼンチンペソは年初から約2割下落していた。当局の為替

介入も効果は薄かった。

もともと過去7回もデフォルトを経験しているアルゼンチン。最近では2014年7月。国民も自国通貨ペソへの

信頼が薄く、下落の懸念があると米ドルに切り替えるお国柄。

こうした意味でアルゼンチンは、危険度を示す「炭鉱のカナリア」とも言われている。

そのカナリアがバタッと行かないよう注視が必要だ。

(了)

 

——————————————————————————————

**********************************************************************

本情報は当所の業務内容に掛かる投資情報の提供であり、記載されている情報は、予告なく内容を変更する場合が

あります。

投資に関する最終判断は、ご自身の判断と責任において行って下さい。

【金融商品取引法第37条(広告等の規制)に掛かる留意事項】

 商号等   小林 治行 (コバヤシ アセットマネージメント)

所長 小林 治行

投資助言業 関東財務局長〈金商〉第2841号

加入協会  一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料等

投資助言の契約の前には、「投資顧問契約の契約締結前交付書面」を良くお読み頂き、ご納得のうえご契約頂きます。

報酬等は「投資顧問契約の契約締結前交付書面」又は、ホームページの投資助言業のページをよくご覧ください。

投資リスクについて

1. 株式

価格変動リスク: 株価の変動により投資元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変動等により、投資元本を割り込んだり、

その全額を失うことがあります。

株式発行者の信用リスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の

変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り

込むことがあります。

2. 債券

価格変動リスク: 債券の価格は、金利変動等により上下しますので、投資元本を割り込むことがあります。

また、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、

その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を

割り込むことがあります。

債券発行者の信用リスク:市場環境の変化、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに 関する外部評価の

変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り

込むことがあります。

3. 外国株式・外国債券

為替変動リスク:外国株式や外国債券等の外貨建て金融商品では、為替の変動により投資元本を割り込むことが

あります。

4. 外貨建て証券

為替変動リスク:投資対象が外貨建て証券(例えば海外市場に上場にしている株式、外国政府・公的機関・企業等が

発行する債券)では、前述の株式、債券のリスクに加え、為替の変動により、投資元本を割り込むことがあります。

例えば、売却・契約時に投資時期よりも、円安・円高で手元に戻る円貨の額が変わり、円高の場合には投資元本を

割り込むことがあります。また発行した国や地域、適用する通貨発行国の経済状況や政治状況の変化等により売買に

支障をきたし、換金ができないリスクがあります。

(流動性リスク)

5. 投資信託(上場投資信託=ETFを含む)

投資信託は、その投資信託が投資としている資産(例えば株式、債券、商品等)により、価格変動リスク、信用

リスク、流動性リスク、為替変動制リスクを内包しています。

このため、投資元本を割り込んだり、換金ができなかったり、その全額を失う事があります。

6. 投資する国や地域について

カントリーリスク:投資した国や地域により、その国や地域の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱などで投資し

た資金のすべて、又は一部が回収できないことがあります。

戦争や内乱、経済危機がある又は予見される国や地域に投資することは各リスクが極めて高くなります。

 

 

 

▲このページのTOPへ