有事の円買い?

(2017/4/25)

世の中に、銃の音の絶える日はなし。中東はアラブとユダヤの終わりなき戦いは2000年も続いている。

さらに加えて、イスラム国(IS)と称する集団が欧州深く入り込んで小銃を打ったり、トラックを暴走させたりして

テロ行為を拡散している。

難民に紛れて移動するから摘発も難しい。

中東~欧州だけではない。東アジアにも世界の秩序を武力で勝ち取ろうとする面積は日本の33%、人口約2500万人の

北朝鮮。指導者は金正恩(キム・ジョンウン)、33歳。北朝鮮の緊張は日に日に増している中で、「有事の時は

金やドル」と言われていたが、今回は円高という少し違う動きが出ている。

どうして?を見てみる。

————————————————————————————————–

キム・ジョンウンは故金正日総書記の三男。母は、大阪出身の在日韓国人。

このキム・ジョンウンが序列第1位になって今年で5年目になるが、この5年間他国の首脳会談をしたことがない。

ひたすら核と長距離ミサイルの開発に力を注いできた。国民に貧困を耐えさせても、軍事強化にひた走って来た。

こうした国と日本は日本海を挟んで隣国にあり、第二次大戦後最も軍事的緊張を強いられる場面が増してきている。

それは米国にドナルド・トランプという共和党の新大統領が1月20日に誕生し、前のバルク・オバマというノーベル・

平和賞を受賞し、戦略的忍耐に耐えた大統領とは異質な人に変わったことで大きく変わった。

4月6日、フロリダで米中首脳会談をしている最中、4日にサリンガスなどの化学兵器を使用し多くの子供たちも被害に

あった映像が流されると、その報復としてアサド政権に対し、空軍基地にトマホークを59発撃ちこんだ。

その通知は習首相とデザートを食べているときに、トランプ氏は首相に伝えたという。

習首相は10秒間言葉を失った、と。

 

こうした中で北朝鮮は16日、弾道ミサイルを発射。しかし、打ち上げ直後に失敗し、自爆したという。

このことが米国を刺激し、航空母艦を中心とする打撃群を北朝鮮近海に派遣することになった。25日頃には目的地近づく。

米・北朝鮮とも口先威圧合戦が熱気を帯びてきており、それに韓国、日本、中国、ロシアを含めた近隣の国々が恐る恐る

北朝鮮の言動に冷や冷やしながら見つめている。

 

従来は、こうした有事の時には「ドル買い」と、「金買い」に注目が行くのがこれまでの習わしであった。

金の価格を過去37年間で見てみると、1980年~2005年くらいまでは1トロイオンス当たり300~500ドル(年平均)

程度であったが、2007年頃から急に上がり始め、リーマンショック翌年の2012年の年間平均は1668ドルまで上昇。

本年2017年の平均はそれでも1220ドルと高値安定に維持しいている。

 

ドル買いは一般論としてあるものの、今般の事象では、むしろ円買いになっている。

4月6日~4/24日のドル円相場は下記の表の通り、4月16日の北朝鮮の弾道ミサイル発射失敗の日はドル安/円高になっている。

 

0406-0424_通貨

世界で一番多くの借金を抱えている日本だが、しかしそれ以上に個人資産を保有している安心感が世界にはあるのだろう。

又、戦時動乱となるとしても、直接戦場に出撃できない憲法を持つ日本の事情も世界は評価しているのだろうか。

しかし、上記表は短期であり、長期の検証は必要である。

(了)

 

——————————————————————————————

本情報は当所の業務内容に掛かる投資情報の提供であり、記載されている情報は、予告なく内容を変更する場合が

あります。

投資に関する最終判断は、ご自身の判断と責任において行って下さい。

 

【金融商品取引法第37条(広告等の規制)に掛かる留意事項】

 商号等   小林 治行 (コバヤシ アセットマネージメント)

所長 小林 治行

投資助言業 関東財務局長〈金商〉第2841号

加入協会  一般社団法人 日本投資顧問業協会

 

手数料等

投資助言の契約の前には、「投資顧問契約の契約締結前交付書面」を良くお読み頂き、ご納得のうえご契約頂きます。

報酬等は「投資顧問契約の契約締結前交付書面」又は、ホームページの投資助言業のページをよくご覧ください。

 

投資リスクについて

1. 株式

価格変動リスク: 株価の変動により投資元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変動等により、投資元本を割り込んだり、

その全額を失うことがあります。

株式発行者の信用リスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の

変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り

込むことがあります。

2. 債券

価格変動リスク: 債券の価格は、金利変動等により上下しますので、投資元本を割り込むことがあります。

また、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、

その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を

割り込むことがあります。

債券発行者の信用リスク:市場環境の変化、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに 関する外部評価の

変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り

込むことがあります。

3. 外国株式・外国債券

為替変動リスク:外国株式や外国債券等の外貨建て金融商品では、為替の変動により投資元本を割り込むことが

あります。

4. 外貨建て証券

為替変動リスク:投資対象が外貨建て証券(例えば海外市場に上場にしている株式、外国政府・公的機関・企業等が

発行する債券)では、前述の株式、債券のリスクに加え、為替の変動により、投資元本を割り込むことがあります。

例えば、売却・契約時に投資時期よりも、円安・円高で手元に戻る円貨の額が変わり、円高の場合には投資元本を

割り込むことがあります。また発行した国や地域、適用する通貨発行国の経済状況や政治状況の変化等により売買に

支障をきたし、換金ができないリスクがあります。

(流動性リスク)

5. 投資信託(上場投資信託=ETFを含む)

投資信託は、その投資信託が投資としている資産(例えば株式、債券、商品等)により、価格変動リスク、信用

リスク、流動性リスク、為替変動制リスクを内包しています。

このため、投資元本を割り込んだり、換金ができなかったり、その全額を失う事があります。

6. 投資する国や地域について

カントリーリスク:投資した国や地域により、その国や地域の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱などで投資し

た資金のすべて、又は一部が回収できないことがあります。

戦争や内乱、経済危機がある又は予見される国や地域に投資することは各リスクが極めて高くなります。

 

 

 

 

 

 

▲このページのTOPへ