助言の方針

1 お客様との信頼関係を重視します

 

2 お客様から家計情報を頂き、面談を通してライフ・プランニングを打ち合わせます

 

3 キャッシュフロー表を作成し、お客様の目標に到達すべく実行プランを作成します

 

4 実行プランの中で、投資助言のお客様には方針に基ずき助言を致します

 

5 助言の方針 (年間会員の場合):

 
■ 金融商品取引法第2条に規定されている有価証券の内、国内外の株式、債券、
  投資信託の投資判断に関する資料の提供
■ 助言の基本的考え方は、パッシブ(インデックス)運用を主として、アクティブ運用を
  従とします。
■ 顧客に適した資産配分に基づく、主に日本国債と国内外の上場投資信託(ETF)を
  用いた、国際分散型ポートフォリオの構築をベースとした助言を行います。
■ 顧客の希望に基づく個別の国内外の株式、債券、投資信託の投資判断の助言を
  行います。
■ 助言の頻度は、顧客に応じて月1回以上行うこととし、その他適時顧客の要望に
  応じるものとします。
■ 助言は顧客の希望により何度でも面談、電話、電子メール、Fax、及び文書等で
  行い記録を残します。顧客毎に活動記録簿を電子化して記録します。(10年間)

 


▲このページのTOPへ